読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れることに備える記録

観たり・聴いたり・読んだり

ジョン・ウィック

JOHN WICK

2014年制作 2015年日本公開 アメリカ・カナダ・中国 101分

監督:チャド・スタエルスキ

キャスト:キアヌ・リーヴスミカエル・ニクヴィストアルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキブリジット・モイナハン

伝説的な暗殺者として裏社会にその名をとどろかせるも、殺しの仕事から手を引いたジョン・ウィック。

暴力から遠く離れた毎日に安らぎを覚えていた彼だったが、それをロシアン・マフィアによって奪われる。怒りと憎しみに支配された彼は、封印していた殺しのスキルをよみがえらせ、ロシアン・マフィアへのリベンジを果たすことを決意し… 

 


キアヌ・リーヴス復活!『ジョン・ウィック』本予告編 - YouTube


f:id:ROUTE375:20151029231118j:image

 

 

※ストーリーにそんなにネタバレ要素はないと思うので、できるだけ結末には触れぬようにダラッと書きますが、ネタバレ皆無ではないと思うので観賞前の方はお気を付け下さい。

 

 

 

いやー、面白かったです!

ターミネーター』を観に行った時に予告が流れてて、中学生・高校生の時にキアヌ大好きだった身として「観たい!」となっていた作品。

いやー、面白かった!

って言ってもストーリー云々なんてのは特に問題ではなく、アクションを観る為の作品ですかね。

いや、一応ストーリーはあって復讐モノなんですが、観ているこっちとしてはそんなんどうでもいい!と。

ひたすら殺して殺して殺していきます。

ザ・レイド』と感覚としては一緒ですかね。

元最強、伝説の暗殺者が復讐の為に復活ってのがもうアツいよね!

こういうの好きです。

 

そして何よりデフォー!

もうデフォーが!!

デフォーが出てきた瞬間に少しテンション上がったよ!

しかも良い奴!デフォー格好良い!!

『処刑人』が大好きなのでもうデフォーってだけでね!もうね!

『処刑人3』をずっとずっとずーっと待っているんですが、きっともう結構な可能性でないよねー…

まぁ『処刑人2』はあれだったけど、でもラストにデフォーがいたし、『3』できないかなああああ!!

 

 

ああ、この『ジョン・ウィック』、もう1回観たいな。

うっかりディスク化した時に買うかもしれません。

あ、アクション的には断然『ザ・レイド』が上ですが、なんか雰囲気が良かったな。

 

あれ、思った以上に内容に全然触れてない…(笑)

でも本当に面白かったです。

映画観たーって感じになりました!

それにしてもキアヌは格好良いですな!